So-net無料ブログ作成
検索選択
診断機 ISTA ISTA/P  ブログトップ

E85 Z4 プログラミング [診断機 ISTA ISTA/P ]

i様E85 Z4 車検でお預かり、バッチリやらさせて頂きました。バッテリー
安心のVARTA AGM、最後は スナップオン PS134でエアコンメンテナンス、ワコーズRecs、とISTA でプログラミング  アブリタス(ABRITES) の接続確認 全て終わって 終了。翌朝エンジンかけるも掛からず。DS708で確認 その後 EWSとDME同期とって終了。 少し焦った!!
image.jpg
image.jpg
image.jpg
image.jpg
image.jpg
image.jpg
やはりABRITESはCAS 以降のお車でないと深い所は入っていけないようですね でもF系の出来具合を診てみたいです。
image.jpg
image.jpg
image.jpg
image.jpg

Abrites でプログラミング [診断機 ISTA ISTA/P ]

ご覧いただき有難うございます。
e92 DSCユニットプログラムが飛んで
ワイパー止まりません。Abrites プログラミングして見ました。その後マキシでコーディングとキャリブレーションで再生しました。ISTAを使わない方法です。
image.jpg
image.jpgimage.jpgimage.jpgimage.jpgimage.jpgimage.jpgimage.jpg

MIL 点灯 でもトラブルコードは見つからない? [診断機 ISTA ISTA/P ]

地元業者様より電話があり お手持ち汎用機で見たところ DTCはノーコード 見てもらえますかとの事、
DS708 で見るもノーコード ライブデーター インスルメントも見るが、故障は発生していない模様!
でもチェックランプ点灯 仲間にも聞いてみるが同じ症状は無いとの事 ISTA/Pでリプロを試すしかないかなとお伝えして ISTAでリプロ 数ユニットアップデートありで結果はチェックランプ消灯となりました。
最近のお車は結構リプロが必要ですね。VWとかも良く消えないチェックランプがあります。
IMG_0992.JPGIMG_0993.JPGIMG_0995.JPGIMG_0996.JPG

業務連絡 ATEブレーキフルードコックはこれわりと良いよ! オイルコック コックン IMG_1041.JPG

X3 サスペンション交換 ISTA/P プログラミングご依頼 [診断機 ISTA ISTA/P ]

ホームページよりお問い合わせいただきましたX3のM様ご来店有難うございます。CIMG6214.JPG
本当に綺麗なX3でしかも左ハンドル良いですね!CIMG6219.JPGCIMG6220.JPGCIMG6223.JPGH&Rサスにてローダウンのご依頼でした、お車お預かりして夕方までにお返しと言う段取りでしたが、M様とお話していた所、3000CCあるのにこの車、出だしからあんまり力無いですよねとの事、ちょうど当社のプログラミング済みX3が同じM54ユニットなので、これ乗って見てください!良ければISTA/P にてプログラミングも出来ますよとお貸ししました所、入電 僕のより中速が特に力がありますね!とプログラミングもご依頼いただきました。そして当社お勧めISTA/PでBMWアメリカに課金してビビット繋いじゃいました!CIMG6242.JPGCIMG6226.JPG DME EGS DSC VTG とアップデートプログラムで書き換えていきます。CIMG6237.JPGCIMG6239.JPGCIMG6238.JPGCIMG6243.JPGそして夜9時過ぎに終了してファイナルレポート渡してCIMG6284.JPGCIMG6285.JPG納めました。そして本日M様より入電結構ローダウンしたのに乗り心地も悪くないし、プログラミングしたあと別物になってアクセル踏むのが、楽しくなりましたとの事、お客様に喜んでいただけるのが何よりうれしい限りでございます!M様ご依頼有難うございました X3とE46はデモ試乗できますので、気になる方ご相談下さい!それではおやすみなさい

その3 ISTA/P E46 E39 [診断機 ISTA ISTA/P ]

最近の日課というか、やらなきゃ気がすまないというか、ISTA/P E46 330 カブリオレ3299.jpg とE39 ALPINA B10のレポートとなります。それでは E46からセットアップ LANケーブル USAに通信 無線は茨城に通信がここ最近のブームでございます!!ねCKさん! この作業はどきどきしますね 
3300.jpg3301.jpg3302.jpg3303.jpg3304.jpg3305.jpg3306.jpg

E39 ALPINA はBMW旧ピンにて入れるのかどうかが懸念していた点でしたが、ISTAは対応ならずですが、
ISTA/Pは認識しました。DSCユニット等交換等使えそうです。いままで見たこと無い選択画面
al1.jpgal2.jpgal3.jpgal4.jpgal5.jpgal6.jpgal7.jpg
ISTA/Pの感想ですが、プログラミングは通信、電源、作業ミスが命取り
になる作業ですので、慎重に行きます。また戻す事が出来ないので、この点も自己責任が伴います。今回E46カブリオレ 同型式 2台にてプログラミング前と後 2台の乗り比べをしました。はじめのプログラミング車両は販売車両のシルバーの330カブリオレでプログラミング前後の比較でもエンジンアイドル時の静粛性向上とトルクが下からついて来る感じでATに関してはシフトアップが巧妙になった感じでアクセル一定で踏んでいくと2500RPM位でシフトアップが良い感じまたシルバーの方(プログラミング後) 黒のデモカー(プログラミング前)を比較した場合雲泥の差です。黒の方は私が乗っておりますので、全域の特性を理解しております、まず以前より不満があった点は発信時ずっとトルクの無い2速発信のままみたい踏み込まないと進まないのとBMW特有の排気音のこもり この点がプログラミング後かなり改善いたしました!ストレス無く駆け抜ける喜びを引き出してくれた感じです。 最後に車両自体の物理的不具合がある場合は治りませんしトラブルコードがアル場合チェックランプ点灯等プログラミング出来ませんので注意が必要です。

ISTAが出来る前の車両に対応出来た事が多いに今後活躍していく予感がします。ではまた別車両のレポートをアップいたします。



診断機 ISTA ISTA/P  ブログトップ